もはや必須アイテム!フリーメールを取得しよう

シェアする

news

いまや、社会人だけでなく、誰でも持つべきアイテムである「フリーメール」。
持ってる人は何個も持ってるし、私も少ないですが3つほど持っています。

持っていない人もいると思いますが、ふとした時にフリーメールはとても便利なので、作成しておくことをオススメします。

携帯や会社のメールは誰でも知っていますが、フリーメールって?という初心者の人にもわかりやすく「フリーメール」についてご紹介します。

スポンサーリンク
PC用

フリーメールとは?

フリーメールは、Web上で使えるメールアドレスです。普通、ドコモとかauとかソフトバンクとかの携帯電話のメールアドレスは携帯電話がないと使えませんよね?

でも、フリーメールはインターネットが使えれば「どこでも、いつでも」使うことができます。

しかも、媒体は何でも構いません。自分のスマホでも、他人のスマホでも、家や会社のパソコンやタブレット端末、ふらっと寄ったネットカフェでも、どれでも同じメールアドレスで使えます。

これだけでも、なんだか便利そうですよね。

どんな時に役立つの?

結論から言うと、本来のメールアドレスを使いたくないときにフリーメールが役立ちます。

どういった場面かというと、家具・家電や服や小物などをショップサイトなど通販で購入したい時には、”そのサイトに登録して購入する”ことが一般的ですよね。

また、社会人であれば、就職・転職サイトや、セミナーの応募や資料請求したい時など。

他にもまだまだたくさんありますが、このように、サイトの登録やアカウント作成にはだいたい「メールアドレス」が必要になります。でも自分の携帯のメールアドレスや会社のメールアドレスを使用するのってちょっと気が引けて嫌ですよね?

「個人情報が洩れないか」

「迷惑メールが来ないか」

「ウイルスに感染しないか」

など、色々心配になりますから本来のメールアドレスを使いたくないですよね。

こういうタイプの登録は広告メールなど勧誘のメールがバンバン入ってくるし、メールが使いづらくなります。

こういった、何かに登録する場合は、本来のプロバイダのメールアドレスではなく「フリーメール」を使用することをオススメします。

極端に言えば、使い捨て感覚で使えます。

フリーメールのメリット・デメリットは?

<メリット>

  • 無料で使える
  • 場所や媒体にとらわれない
  • 何個も作れる

やはり、一番のメリットは「場所にとらわれない」ことですね。どこでもどの媒体でも使えるのは便利です。
しかも、基本的に無料で使えますし、何個も作ることができます。

<デメリット>

  • サービスが終了すれば使えない
  • 一部の広告が入る
  • 信用性が低い

実はデメリットはあまりないのですが、フリーメールはプロバイダやポータルサイトが無料で配布しているメールアドレスなので、サービスが終了すれば使えなくなります。

まぁ、でも実際は有名どころであれば心配ないですし、なくなれば違うのに変えれば問題ないです。
あと、一部の広告が入ることがありますが、気にならない程度です。
また、誰でも簡単に取得できるため、ネットオークションなどでの使用は信用性が低いです。

おすすめのフリーメールは?

フリーメールは、簡単な登録で取得でき、すぐに使えるようになります。

最近はサイト上でウイルススキャンを行ってくれたりと、セキュリティ面もしっかりしていて安心です。ただ、絶対的に安全とは言えないのでパソコン等にもセキュリティソフトは入れておいてください。

おすすめする有名なフリーメールは、

▶Yahoo!メール(ヤフーメール)

Yahoo!JAPANが提供するサービスで、日本で一番使われているフリーメールです。買い物や何か一時的に登録するのに便利です。使い捨てなどにも使っている人も多いと思います。

メールアドレスは、「×××@yahoo.co.jp」となります。

▼詳しい作成方法はこちら

ヤフーメールの作成方法|わかりやすい画像付きで解説
フリーメールの代表的な1つであるヤフーメールの作り方をご紹介していきます。 ヤフーメールの作成にはYahoo!JAPANの...

▶Gmail(ジーメール)

googleが提供するサービスで、yahooメールより容量が多く使いやすいです。Androidケータイの人は無条件で作らされているはずです。Todoリストやハングアウト、googleドライブなど他のサービスとの連携もでき、拡張機能もありとても便利です。

メールアドレスは、「×××@gmail.com」となります。

▼詳しい作成方法はこちら

Gmailアカウントを作成する方法|分かりやすく画像付きで解説
ここでは、フリーメールの1つである「gmail」の作成方法をご紹介します。 gmailはフリーメールの中でも、知名度はトップク...

他にもフリーメールは「エキサイトメール」「インフォシークメール」「hotmail」などたくさんありますが、上記の2つは使いやすいので特に作っておきたいフリーメールです。

ちなみに私は、yahooメールとgmaiの両方を使い分けて使っています。

基本的に、一時的な登録などはyahooメールを使っています。
継続的に使うだろうというものは(ブログ関係など)gmailを使っています。

初心者は慣れるまでは、私生活上の普段使いは本メールアドレス、登録などの時はサブのフリーメールとして使うといいと思います。

フリーメールを本メールアドレスにする

慣れてきたら、フリーメールを本メールアドレス使用にすることをオススメします。
一般的に、本メールアドレスはプロバイダを契約した時に設定されているメールアドレスを使っている人が多いと思います。

でも、引っ越しなどプロバイダが変わればメールアドレスも変わるので、なにかと面倒になります。

フリーメールを本メールアドレスにしてしまった方がなにかと都合がいいです。

<本アドレスをフリーメールにするメリット>

  • メールアドレスの変更がない(友人などにメアド変更を送らなくていい)
  • インターネットが使えればいいのでどの媒体からでもログイン可能

<本アドレスをフリーメールにするデメリット>

  • 無料プランだと、定期的にログインしないとIDが消滅する
  • フリーメールを使えないサービスがある(その時は携帯などで使い分ける)

いずれは、私生活用、仕事用、趣味用などにそれぞれ使い分けると、区別がつくので管理しやすいです。

私の主観ですが今のところは、私生活や仕事などのメインは拡張性が高く、容量も多いGmailを、趣味用などはサブはyahooメールで充分です。

今やフリーメールを使いこなすことが常識となってきています。なので、個人個人の目的にあった使い方をして、ぜひフリーメールを使ってみてください。

もちろん、このブログへのお問い合わせもフリーメールでも大丈夫です。

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

フォローする