事務職(一般職)のことどれだけ知ってる?「種類」「仕事内容」「年収」などあれこれ

シェアする

パソコンとOL

あなたは事務職ってどんなイメージを持っていますか?「なんか楽そう」とか「定時で帰れる」とかいろいろあるかも知れませんね。

この記事を見ている人は「事務職に就職したい」とか「転職を考えている」など少なくとも事務職に興味を持っている人だと思います。

「事務に就職・転職したい」「どんな仕事かよく知らない」という人に、事務に関するあれこれをご紹介します。

スポンサーリンク
PC用

役割

事務職の役割は簡単に言うと、会社やそこで働く職員のサポート役です。直接売上などに関わることがないので間接部門とされています。主に、机の上で業務を行うのでデスクワークとも言われています。

売上にはつながらないかも知れませんが、

給料を支払うのも事務員。
社会保険の手続きをするのも事務員。
電話・来客対応するのも事務員。

このように、会社運営には必要不可欠な職種で、縁の下の力持ち的存在でもあります。

種類

会社によって事務職の幅は様々なので、色々な種類があります。
代表的なものは、

  • 一般事務
  • OA事務
  • 営業事務
  • 経理事務
  • 医療事務

などなど、たくさんあります。一般職の事務と言えばほとんどが女性で、いわゆるOLというやつですね。

また、専門的な事務職としては、貿易関連の通関などの事務を行う『貿易事務』や、通訳・翻訳を主とした『翻訳事務』などもあります。

一方、男性は法務や経理、人事など管理部門に含まれる総合職に多いと思います。一般職でもちょくちょく男性もいますので会社によりけりです。

仕事内容

事務職の仕事内容は、

  • 電話・来客・メール応対
  • ファイリング
  • 郵便仕分け
  • 社内文書作成(報告書・議事録等)
  • 見積書・請求書作成
  • 契約書作成
  • 発送業務
  • データ入力・チェック
  • データ集計
  • 受発注、出荷処理

などが主な仕事内容です。この中の一部だけもあればすべての業務をする会社もあります。
会社によっては、

  • 勤怠管理
  • 備品管理
  • 伝票処理・整理
  • 経費精算管理

といった経理や人事的な業務もお任せすることがあります。かなり多くの仕事があり、雑務全般を担う必要があります。

年収

色々と調べてみました。転職サイトのはたらいくのデータによると、

●一般事務
年収:252万円
月収:18万円
●営業事務
年収:265万円
月給:19万円
●受付・秘書
年収:261万円
月収:19万円
●経理・財務・会計
年収:277万円
月収:20万円
●総務・人事
年収:281万円
月収:20万円
●法務・特許事務
年収:272万円
月収:19万円
●データ入力・オペレーター
年収:263万円
月収:19万円

ざっくり、こんな感じでした。求人のデータを基に算出されているみたいなので、一つの参考値にしてみてください。

全体的に見ても事務職って給料低いですよね・・・
まぁ、相場がこんなものかと。。

営業職などと違い、売上には関わらないので評価もされにくいため、給料は上がりにくいが現実です。

会社によっては、資格取得などで手当が付いたり、社内研修で自己のスキルアップを目指せたりできるので、うまく活用していくのもいいと思います。

事務職のメリット・デメリット

会社によって、事務職の業務の幅や内容が違いますので一概には言えませんが参考までに。

<メリット>

・長く続けられる
体力勝負の肉体労働ではなく、知識労働になるのでケガなど身体に支障がでにくいのでよっぽどのことがない限り続けられます。
契約期間の問題などはまた違う話ということで。。

・年中環境がいい
社内業務なので、クーラーや暖房が効いたオフィスで仕事できます。夏のカンカン照りの暑い日でも、冬の雪が降る寒い日でも、快適に業務できます。社外業務の人からしたら羨ましいと思いますよ。

・ノルマがない
営業にありがちな、毎月のノルマ。これにより、多大なストレスを感じている人も少なくないはずです。ノルマがないので、割と計画的に業務が進められます。納期や締切りなどはありますが、ノルマに比べたらかわいいものだと思います。

・残業が少ない
事務職で残業が多いというのは、あまり聞いたことがありません。総合職ならあり得ますが、一般事務ならほぼ定時で帰れます。
営業職の人が事務職へ転職する理由の大半は、「ノルマ」と「残業」がほとんどです。この二つのメリットは非常に大きいと思います。

<デメリット>

・給料が安い
前述にも書いてますが、全般的に事務職は給料が安いです。
裏方業務が多く、評価もされにくいので昇進、昇格がしにくいのが難点です。

・やりがいが少ない
事務の種類によっては、単純作業の繰り返しになったり、日々の業務がルーチン化しているため、やりがいがあまり感じられないことが多いです。事務職はメリハリがあまりない職種です。

・ストレスになりやすい
毎日同じようなメンツの中で仕事をするので、苦手な人がいても毎日顔を合わします。生理的・精神的に嫌いな上司や同僚がいても外に出て行けず、向き合うことになります。
セクハラやパワハラもあるかも知れませんので、うつになる可能性も。
逆に、そのような人がいなければ快適な職場になります。

・変えがきく
あまりいい表現ではありませんが、誰でも出来る仕事が多いので簡単に契約を終了されることもあります。
バイトや契約社員などに多い問題でもあります。

未経験でも事務職に就ける?

基本的に、事務職は経験が重視されることが多いです。よくあるのが、資格は持っているが実務でしたことがないパターンですね。資格やスキルも大事ですが実務経験には敵いません。

実際、どれだけの業務がこなせるのか?を判断されることが多いと思います。
例えば、パソコンのスキル一つにしても「エクセル・ワードは中級程度出来ます」と言っても基準は会社それぞれです。

あなたが中級程度と思っていても、実際は初級程度かも知れません。

ただ、そうは言ってもどこかで就職して実務経験を積まなければいつまでもたっても未経験のままで困ったことになりますよね。

でも、実際あきらめずに探せば未経験でも一般事務など事務職に就ける職場は必ずあります。

派遣会社を活用したり、小さい会社なら未経験でも可のところはあります。高度な仕事がない事務や、経験やスキルではなく意欲や熱意、向上心など人間性などを重視する会社もたくさんあります。

そういうところは給与面など条件が悪い場合がありますが、まずはとっかかりとして根気よく未経験OKの職場を探し、経験を積んで好条件の職場に転職という方法もあります。

就職・転職でうまくいっていない人は一度アプローチする会社を考え直してみてはいかがでしょうか。

▼未経験OKの事務系派遣のお仕事

女性のための派遣ワークならマックスキャリア

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

フォローする