求職するときに役立つ情報まとめ

シェアする

backflip

就職や転職など、求職に役立つ情報まとめです。
求人広告の見方や、雇用条件の意味、履歴書などの応募書類の作成方法、また就職が決まったあとの入社手続きまで仕事を探すところから入社までをまとめてみました。

失敗しない就職のためのエッセンスも含めてご紹介していきたいと思います。
これから、就職や転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
PC用

知っておきたい基礎知識

就職・転職の第一歩は求人情報をリサーチすることです。まずは、その求人情報に記載されている内容がわからないことには始まりません。ここで、しっかりと基礎知識をつけましょう。

こちらも参考に!

「正社員」と「非正規社員」どちらで働く?|それぞれのメリットを比較

事務職(一般職)のことどれだけ知ってる?「種類」「仕事内容」「年収」などあれこれ

知って得する!求職に役立つWeb活用術

ここでは、求職する際に役立つwebサービスやサイトなどをご紹介します。
うまく活用すれば、失敗しない就職・転職に近付ける可能性も高くなります。

※新サービスなど有益なものがあれば随時更新していきます。

適正な年収・適職を調べる

こちらは以前の記事でご紹介したもので、無料で利用できる、希望職種の年収や自分にあった適職診断ができるサイトをまとめています。

適正年収、適職診断サイト

求人サイト・転職エージェント

やはり求職でぜひ利用したいのが、求人サイトや転職エージェントです。

質がいい求人がたくさんあり、無料で就職・転職のサポートをしてくれるのでぜひ活用しておきたいところです。

企業の評判を調べる

「転職会議」というサイトで事前に企業のクチコミや評判を調べることができます。
クチコミ閲覧も登録も、無料で利用できるのでかなりオススメのサイトです。

過去の記事で転職会議の詳しい内容から登録方法まで紹介していますので参考にしてください。

就職活動に超便利!無料で企業の評判がわかる「転職会議」がすごい

応募書類の作成

求人情報を見て、「ここだ!」という企業が見つかったら、いよいよ求人に対する応募です。
応募書類には「コレで大丈夫!」といった正解の記載方法ないですが、最低限守りたい記載マナーは存在します。

「常識のある応募書類」を作成できるコツやポイントをまとめています。

採用されたら行うこと

めでたく希望の会社に採用されることになったら、次は会社と「労働契約」を交わすことになります。
下記の記事で労働契約のチェックポイントをまとめていますので、参考にしてくださいね。

入社した時(する前)には、さまざま手続きがあります。
基本的に、雇用契約の取り交わしや社会保険や税金絡みの事務的なものが主となります。

たくさん書類がありますので、「何がなにやら分からない…」となる人が多いですが、ここは特に大事なところなのでしっかりチェックしておきましょう。

入社後に行うこと

新しい仕事について、やること・覚えることがたくさんで悪戦苦闘の毎日を送っているかもしれませんね。

しかし、実は残念ながら社外での手続きがまだ残っています。手続きが続き大変かも知れませんがあなたの生活にも関わることなので、きちんと手続きしておきましょう。

icon-check-square-o 就職先で社会保険に加入したら

正社員でもアルバイトでも、新しい職場で社会保険(健康保険、厚生年金保険)に加入したらそれまで加入していた国民健康保険を脱退しなければいけません。

国保の保険料と会社の健康保険料は完全に別物です。忘れると2重に保険料を支払うハメになりますので、放っておいてもいいことはありません。(※2重払いになっても還付請求で返金できます)

国保の脱退は会社が変わりに手続きしてくれないので、自分で脱退手続きをすることになります。

手続きする窓口 お住まいの自治体
手続きの期限 入社後
必要なもの ・国保の保険証
・健康保険資格取得証明書
(又は勤務先の保険証)

※その他、自治体によって異なる可能性がありますので、詳しくは各自治体にお問い合わせください。

国民健康保険を一括払いしていたら?
退職したあとに国民健康保険を年払いしていた人は、いつから就職したかを自治体に証明します(上記証明書等)。そして、還付請求すれば就職後の期間の保険料は返金されます。
icon-check-square-o 失業保険を受給していた人

早期に就職した場合など一定の条件がある人は『就職促進給付』が受給できる可能性があります。

就職促進給付には『再就職手当』『就業手当』『就業促進定着手当』の3種類あります。

参考サイト就職促進給付|ハローワーク

どういったものか、簡単にざっくり説明します。

■再就職手当
新しい就職先で雇用保険に加入(週所定労働時間が20時間以上の契約など)した場合にもらえる給付金です。

詳しくは、過去の記事を参考にしてください。
再就職したときは「再就職手当」がもらえる!もらえる条件や金額は?

■就業促進定着手当
上記の再就職手当を受給した人で、6か月以上引き続いて雇用されていて、その間のお給料が失業保険受給前のお給料より少ない場合にもらえる給付金です。

■就業手当
新しい就職先で雇用保険には加入していないが、失業保険の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上など一定の要件を満たした場合にもらえる給付金です。

就職促進給付は一定の要件があるため、必ずしも受給できるとは限りません。
詳しくは最寄りのハローワークへご相談ください。

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

フォローする