もっとも効率的かつ実用的にパソコンの資格・スキルを取得する最良の方法

シェアする

作業

世の中には、いくつかパソコンに関する資格があります。有名なものは、Microsoft Office Specialistで略して「MOS」と呼ばれるものです。

MOSの資格取得を解説しているサイトはたくさんあります。今回ご紹介するのは、MOSの資格取得の方法ではありません。

将来的に実用性があり、資格などにこだわらずにもっと広い目線でのお話しです。私の思いっきり主観ですが、これが効率的にパソコンの資格・スキルを取得する一番の方法だと思っています。

スポンサーリンク
PC用

パソコンの教材を買うのが最良

「当たり前じゃん・・・」と思った人もいるかも知れません。ただ、私が最良と思うのにはちゃんとした理由があります。後々ご説明します。

最初に、言ってしまいますが「ある教材」をご紹介します。興味のない方は、そっと閉じてくださいね。

これは、資格取得の教材やパソコンの本ではありません。効率的な方法です。

パソコンの資格は要らない

まず、私が問いたいのは「パソコンが出来る人って?」ということです。

一般的には、パソコンの知識やスキル・資格がある人のことを指すと思います。私もそう思います。

パソコンのスキルがあるってどういうことでしょうか?資格がある?何か作成できる?いろいろあると思います。

MOSの資格は、パソコンのスキルが多少あることを証明する資格です。資格というものはだいたいはそういうもんですよね。知識やスキルがあるという証明です。

逆にいえば、スキルがあれば資格なんて全く要りません。事実、私はMOSの資格は持っていませんが実務上困ったことはありませんし、ある程度の知識・スキルは持っているつもりです。

別に自慢にもなりませんが、私はMOSの試験を明日受けても受かる自信はあります。実務においてパソコンスキルでもっとも重要なことは、

実際どこまで使えて、何が作れるか

これのみです。要は、実務経験です。実務では手法が問われるのではなく、結果が問われます。

  • スキルを駆使して業務を効率化する
  • ビジネスデータを集計・分析する
  • 見栄えのいいチラシやPOPを作成する
  • プレゼン資料をキレイに分かりやすく作成する
  • エクセルのマクロで単純作業を自動化する
  • 見積書や企画書などを素早く作成
  • 表やグラフで視覚的に分かりやすい文書を作成

などこれらが出来るかどうかです。ヘタに資格だけ持っている人は「運転免許証を持っていてもペーパードライバーでは意味がない」ということです。

使う知識や技術は会社や職種にもよりますがので、出来る出来ないの基準は会社それぞれです。今は面接時に、エクセルで簡単な数式を組んだり、資料作成などのパソコンのテストがある会社もあります。

私がお伝えしたいことは、資格よりも技術・スキルが先ということです。

では、何を学べばいいのか?

真っ先に、マスターしたいのは「エクセル」です。100%どの会社でも必要になります。ワードが出来なくてもエクセルでも文章は書けるので何とかなりますが、その逆は苦しいです。

今の時代、エクセルが使えない人は事務職ではほぼ生き残れません。専門職なら別でしょうが・・・

ワードに出来てエクセルに出来ないことは、私の経験上不便に思うのは「差し込み文書」ぐらいです。挨拶文はあったら便利ぐらいで、ワードでもマクロはありますが使いどころが分かりません。

すべて使えるのが一番いいですが、なかなかそんな人はいません。なので、まずはエクセルから勉強しましょう。

エクセルの後は、ワード・パワーポイントと学習していくのがいいと思います。実際、簡易な文書であれば圧倒的にワードの方が楽で簡単です。プレゼン資料も作成できた方がいいのでパワーポイントも必要になります。マニュアルなどもパワーポイントで作成しているのも多いです。

オススメの教材は?

取得しておきたいスキルとしては、エクセルは必須としてワード・パワーポイントも出来ればかなり実用的になります。

私がオススメする教材は、



ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス・WEBプログラミングを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVDプレミアム】オフィス2016対応版

この教材です。クリックすると商品の詳細がずらずらと長~い文章で書かれていますが、別に読まなくていいです。

  • ワード
  • エクセル
  • パワーポイント
  • アクセス
  • Webプログラミング

がまとめて学べます。この教材のポイントとしては、

1.ワード、エクセル、パワーポイントだけでなくアクセスやWebプログラミングまで学習できる

ワードやエクセル、パワーポイントで学習できる内容がかなり充実しています。初歩的なソフトを起動させるところから実務で使える実用的なところまで学習できます。一部をご紹介すると、

<ワード>
テーマを適用する/ページ罫線を設定する/段組を作成する/改ページの挿入/図形に文字を追加する/図を圧縮する/ワードアート/ワードアートの形状を変更する/差込印刷/特定のデータだけを差込印刷する/データファイルをメイン文書から編集する/差込印刷で封筒に宛名を入れる/差込印刷でラベルに宛名を入れる 等々
<エクセル>
オートフィル/形式を選択して貼り付け/列の幅を設定する/行の高さを設定する/テーブルスタイルの適用/COUNT関数/COUNTA関数/SUBTOTAL関数/SUMIF関数/COUNTIF関数/COUNTIFS関数/VLOOKUP関数/HLOOKUP関数/IF関数/グラフの作成/円グラフの作成/複数の列を基準に並び替えを行う/フィルタの使用/スマートアートグラフィックスタイルの利用/条件付き書式を使って並び替えを行う/マクロ有効ブックとして保存する/マクロを記録する準備/マクロを記録する 等々
<パワーポイント>
スライドのテーマを変更する/スライドに画像を挿入する/スライドの向きを縦に変更する/スライドのサイズを変更する/ワードアートの挿入/スライドに日付を追加する/段落番号の詳細設定/箇条書きや段落番号を簡単に設定する/テキストボックスに図形の効果を適用する/テキストボックスの文字列を縦書きにする/スライドにスライド番号を追加する/スライドにサウンドを挿入する/アニメーションの設定/複数のアニメーションを組み合わせる/スマートアートグラフィック 等々

これはほんの一部で、まだまだ倍以上あります。さらにプラスで「アクセス」と「Webプログラミング」がついてきますので、かなり充実した内容というとことがお分かりになると思います。Webプログラミングでは社内のシステムやアプリなどを作ることも可能です。

2.DVDなので音声と動画で学習できる

基本的な、本での教材だとどうしても活字のみになるので知識としては理解しにくいです。これはDVDなので聴覚と視覚で学習できます。動画では、講師が実際に操作し説明してくれます。それを真似するだけです。

3.価格が手ごろである

この教材は通常19,800円ですが、今はキャンペーン中で18,800円(6月30日まで)です。決して安くはありません。

ただ、これ以外に音声と動画で学習するにはスクールに通うしかありません。スクールは質問も出来ていいところもありますが、けっこう高額になります。

私が調べたところ、一般的なパソコン教室の受講料は1時間1,200~1,500円でした。プラスで入会金やテキスト代がかかるところもあります。

ちなみに、この「楽パソDVD」は38時間分あります。

計算してみると、パソコン教室で38時間受講すると、45,600円になります。しかも、パソコン教室は”通う”時間も費用もかかります。

Webプログラミングをパソコン教室で習うには、10万円~30万円ぐらいはかかります。

▼比較表
pc料金

こう考えると、この教材の価格はお手ごろだと言えるのではないでしょうか。

4.どこでも学習できる

本の教材は持ち歩くには重いし、かさばって邪魔だしなかなか大変です。この教材は特典として「iPad・iPhone・iPod用動画講座ファイル」がもらえます。これらMac製品を持っている人は、通勤・通学の電車内や家の中のトイレやキッチンなどどこでも簡単に学習できます。

そして、この教材で学習すればもっとも効率的で実用的なスキルが身に付きます。正直、このDVDでちゃんと学んだ後なら、MOSの資格なんて簡単に合格できます

資格を持ってても「スキルを使いこなす」ことが重要です。このDVDは実践的に使いこなす技術が身に付きます

楽ぱそDVDがオススメな人

この教材は下記のような人にオススメです。

  • 事務関係の仕事に就職・転職したい人
  • 社内での仕事の能率を上げて評価を上げたい人
  • パソコン・IT関連のスキルアップをして手に職をつけたい人
  • 自営業でパソコンを仕事にもっと活かしたい人
  • IT関連のビジネスで成功を目指したい人
  • 独学で挫折した人
  • 本で学習して挫折した人
  • パソコン教室で学習して挫折した人
  • iPad、iPhone、iPodユーザーでパソコンが得意になりたい人
  • なるべくお金をかけずにパソコンを学習したい人
  • 老後の趣味としてパソコンを覚えたい人

初心者にも分かりやすく作られているので、基礎はもちろん応用までしっかり学べるので非常にオススメです。

ただし、デメリットもあります。

・本の方が安い(MOS取得目的であれば対策本をオススメします)
・単体で買えない(エクセルだけ欲しい!とかなら本の方がオススメです)
・DVDが見れる環境が必要(iPhoneなどMac製品やパソコンがないと学習できません)

これらの人にはオススメできません。

自分に合う教材を選ぶ

楽ぱそDVDにはオフィス(ワードやエクセルなどの総称)のバージョンがあります。必ず自分に必要なバージョンを選ぶようにしてください。クリックすれば商品の詳細がずらずら長い文章が書かれていますが、ここまで記事を読まれた人は別に読まなくてもいいです。

▼お申込みはこちら
ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス・WEBプログラミングを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVDプレミアム】オフィス2016対応版

【価格】18,800円(6月30日まで)

※バージョンは「2016版」「2013版」「2010版」「2007版」がありますので注意してください。リンクは2016版です。(上段で選べます)

Webプログラミングが要らないという人は下記をオススメします。「ワード」「エクセル」「パワーポイント」「アクセス」が学べて、価格は13,800円です。

▼お申込みはこちら
ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVD】オフィス2016対応版

【価格】13,800円

※バージョンは「2016版」「2013版」「2010版」「2007版」がありますので注意してください。リンクは2016版です。(上段で選べます)

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

フォローする